ダウ・ジョーンズ主催リスク・アンド・コンプライアンスセミナー: グローバル・コンプライアンスと企業防衛

ダウ・ジョーンズ主催リスク・アンド・コンプライアンスセミナー: グローバル・コンプライアンスと企業防衛

米国海外腐敗防止法(米国FCPA)が、多数の国際企業に対して継続的に執行されており、日本企業にとって、贈賄対策の強化は喫緊の課題となっております。国内においても、2015年7月に外国公務員贈賄防止指針が改定され、子会社・孫会社を含むグループでの取り組みの重要性や親会社による支援の必要性等、より一層のコンプライアンス体制強化が求められております。

一方、海外進出が進む新興国においては、贈収賄を始めとする不正の文化が未だ根強く、その対応に苦慮している面も見られます。

そこで、本セミナーでは、米国および東南アジア諸国の専門家を講師陣に迎え、汚職の実態と現地法の最新トレンド、不正防止の為のコンプライアンス体制の構築ポイント、リスクを回避する第三者デューデリジェンスの実務について、わかりやすく解説を行います。

また、企業防衛の観点から、米国における法務リスク(クラス・アクションなど)の問題について専門家よりご説明いたします。

尚、セミナー中には懇親会を兼ねた昼食をご用意いたしますので、講演者の方々、また当日ご参加の皆様との意見交換の場として頂ければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

 

会場:

グランド ハイアット 東京

東京都港区六本木6-10-3

本ベントは終了しました。

検索機能