2016年ダウ・ジョーンズ リスク・アンド・コンプライアンス・サミット

2016年ダウ・ジョーンズ リスク・アンド・コンプライアンス・サミット

不安定な世界情勢の下、マネー・ロンダリング対策及びテロ資金対策における国際的な金融規制はめまぐるしいスピードで変化しており、金融犯罪をめぐる対応は新たな局面を迎えております。日本や欧米諸国の規制当局監視の中、各金融機関はグローバルな規模でより厳格なコンプライアンスが求められており、各金融機関にとっても、レピュテーションリスクの観点、コーポレート・ガバナンスの観点からも規制対応は大きな経営課題となっております。

日本においては、再改正された犯罪収益移転防止法の施行を目前に控え、リスクベースアプローチの徹底や外国PEPs審査、厳格な顧客管理措置など、新たな対応を迫られる一方、反社会的勢力との取引排除に向けて、より厳格な対応が各金融機関に求められております。

そこで本サミットでは、各界から専門家を講師陣に迎え、マネー・ロンダリング対策やテロ資金対策、反社会的勢力対応の分野における規制や最新の取り組み、グローバル基準での実務対応、その課題と対策についてわかりやすく解説を行います。

尚、懇親会を兼ねた昼食をご用意いたしますので、講演者の方々、また当日ご参加の皆様との意見交換の場として頂ければ幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

会場:

シャングリ・ラ ホテル 東京

東京都 千代田区 丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館

本ベントは終了しました。

検索機能